高賀の森水

   » 高賀の森水

人間の体は70%が水。
毎日飲むお水だから、
美味しくて安全なお水を選びたい。

累計販売本数1.3億本突破

創業以来、地元の方や全国各地の人に愛され続け大切にされています。
岐阜県関市にある「高賀神水庵」の水汲み場には日本全国から
年間25万人以上の人が水を汲みに訪れています。

高賀の森水

高賀の森水の
申し込みはこちら

高賀の水の名の由来

高賀の森水は、もともと高賀神社の境内の手洗い場や今の高賀神水庵の御神水として、
地元の方に親しまれてきました。健康に良い、おいしいなど反響を呼び、高賀神水庵は他県からも水を汲みにくる観光地の1つとなります。
多くの方にこの水を飲んでいただき、健康を維持できる可能性を秘めている水を広めたい、また地域活性化の貢献・森林保整備等への貢献ということで製造にいたりました。
高賀山の御神水と同じ水脈で、森・地球からの贈り物であることから、“高賀の森水”と銘々されました。

岐阜県洞戸で採水、一億年前の地層から湧き出た天然水

高賀川の元鳥居付近を中心とし、多くのボーリング(地盤穿孔)を行い、本地区の地質構成、構造の調査を実施しました。地質調査の結果、中生代ジュラ紀から古生代二畳紀に形成された、岩盤内に貯蓄された水を汲み上げていると考えらています。

正直正銘、自然の恵み

高賀の森水は、山々に囲まれた名水の地として知られる「岐阜県関市洞戸」で採水しています。昔から地域の人々に愛されてきたこのお水は、おいしく健康によいとされ、連日水を汲みにくる方でにぎわっています。一億年前の地層から湧き出た天然水は口にした瞬間すっとひろがる瑞々しさが心地よく体全体に染みわたります。

ミネラルを壊さない、こだわりの非加熱除菌製法

ミネラルが豊富な深い層から採取される、
ナチュラルミネラルウォーター

「ナチュラルウォーター」が国産の9割を占めている日本ですが、高賀の森水は希少な「ナチュラルミネラルウォーター」に属しています。
ミネラルが豊富な深い層から採取された地下水から製造しており、常温状態でも水本来の甘みが感じられます。原水の素晴らしさを損なうことなく皆様にお届けするため、あらゆる努力を惜しまず、こだわりの非加熱除菌製法を採用しています。
高賀の森水はトップクラスの高品質な水であることは
間違いありません。

ナチュラルミネラル
ウォーター
ミネラルが豊富な深い層から
採取された地下水
ナチュラル
ウォーター
ミネラルが少ない浅い層から
採取された地下水
ミネラル
ウォーター
ミネラル調整や複数の水源から
採取し混合を行った地下水
ボトルド
ウォーター
純水・蒸留水・水道水など

全国300社のうちの1割、非加熱除菌を採用

日本での「水」の販売は「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」において基準が定められております。日本全国水製造会社約300社のうちの9割は、85度で30分以上加熱することで殺菌する「加熱殺菌」を採用しております。
高賀の森水は、原水のおいしさを味わってお飲みいただくよう、一切加熱殺菌することなく、特殊なフィルターで除菌し充填することで除菌を行っております。

加熱殺菌

採水からボトリング完了まで一切人の手に触れない、安心安全の品質

高賀の森水は、赤ちゃんでも安心な品質を保つため一切人の手に触れることなく出荷されます。0.2ミクロンのセラミックフィルターを通した非加熱殺菌、手術室などでも使われるようなクリーンルームでの製造、ペットボトルやキャップも特殊洗浄し紫外線殺菌したものを使用しております。ペットボトル内に残る空気まで除菌しています。1mlあたりの菌の数が20個までと国の規定では認められていますが、高賀の森水は、実測値0個を実現しました。

ボトリング

水の美味しさの根拠は?ミネラル、溶存酸素、炭酸ガス

手間のかかる非加熱除菌を選ぶ理由は、水の美味しさそのものである「ミネラル、溶存酸素、炭酸ガス」のバランスを守るため。岐阜県洞戸の地下深くから涌き出る原水は、人工ではかなわない、地球・自然そのものの豊かな恵みがたっぷり含まれています。人間の体の70%は水、同じ水分補給をするなら、体にやさしい選択をしてはいかがでしょう。

非加熱除菌で成分を守る
ミネラル
たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並び、5 大栄養素のひとつであるのが「ミネラル」。
具体的には、カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・ヨウ素にあたります。体の代謝を助け、生命活動に必要な元素です。
人間の体は、自分でミネラルを作り出すことができないため、食事や水分で補給する必要があります。
炭酸
体が疲れてくると、疲労物質の「活性酸素」が体内に発生します。
炭酸にはこれを中和して二酸化炭素と水に変化させて中和する効果があります。二酸化炭素は呼吸で、水は尿として体外に排出されます。結果的に活性酸素がなくなり、疲労の回復が早くなるといわれています。
溶存酸素
水の中に含まれている酸素の量や、水の中に溶け出している微妙な酸素のことを、「溶存酸素」と言います。酸素は、浄化し水の状態を良く保つ働きを助けます。水を飲んで「美味しい」と感じる要因のひとつであるが、加熱することでなくなってしまいます。

日本人の体に浸透、まろやかな軟水

硬水と軟水
硬水と軟水
地中の鉱物が溶けて含まれるミネラル(カルシウムやマグネシウム)の含有量が多いのが硬水、少ないのが軟水。高賀の森水は、非常にまろやかで飲みやすい軟水にあたります。
硬度の計算式 硬度(mg/L)=Ca × 2.4 ×Mg × 4.2
日本人には「軟水」、体に合うお水を選ぶのが一番
日本のお水はほとんどが軟水。わたしたち日本人は生まれる前から(母親のお腹にいる時から)軟水を飲んで育ってきました。硬水が良い、軟水が良い・個人の好み以前に、育った土地での自然な流れを大切にするということは体にとってとてもやさしいことです。わたしたちの体の70%は、水でできているのです。
水分補給に最適、吸収率の高いpH7.4の弱アルカリ性
高賀の森水はpH7.4の弱アルカリ性。pHとは水素イオン濃度の値で、0から14の数値で表されます。0から14の真ん中である7の場合であれば酸性でもアルカリ性でもない中性ということになり、数字が小さくなっていくほどに酸性が強く、数字が大きくなっていくほどにアルカリ性が強いということになります。現代人は食生活の乱れ、喫煙、飲食、睡眠不足などでpHバランスが酸性(疲労状態)に傾きやすいと言われています。酸性体質・アルカリ性体質どちらも傾いてはよくありません。pH7.3~7.4に保たれ、中性に近い弱アルカリ性を保ちバランスがとれている状態がよいでしょう。高賀の森水はpH7.4で、体の中の浸透圧の値と非常に近く、からだに負担がかからず、からだにやさしく水分補給に適しているといわれています。日常的な水分補給に、高賀の森水は大変おすすめです。

世界が認めた美味しいお水
高賀の森水の受賞歴

世界が認めたおいしい水

高賀の森水

  • モンドセレクション
    モンドセレクション
    (2008年~2019年)
    12年連続
    最高金賞受賞
  • iTQi 優秀味覚賞
    iTi(旧iTQi:国際味覚審査機構)
    優秀味覚賞
    (2010年~2019年)
    10年連続
    3つ星受賞
オンラインショップはこちら